船橋合気道道友会 代稽古日誌 2012年5月23日 福盛 

今日は座技を中心に組み立てました。膝のいたい諸先輩方すみません。
私も痛かったのですが、痩せ我慢で乗り切りました。

というわけで、最初は座技呼吸法から始めました。
内容としてはその後、
○座技正面打ち一教
○座技片手取り一教
○座技肩取り一教
○座技正面打ち入身投げ
○立技正面打ち入身投げ(足が辛そうだったので…。)
○立技片手取り四方投げ
○半身半立片手取り四方投げ
○半身半立両手取り四方投げ
○座技呼吸法

最近、座技が少ないと思い、座技です。足は辛いですが、腹を据えやすい良い稽古法だと思います。座技呼吸法の感覚は立技での良い稽古になります。私たちは膝が辛いので、なかなか指導の技としては出にくいものですが、出てきた際には活用してください。

気になったのは座技の正面うちです。皆さん、真っ直ぐに打ちましょう。足が取りをよけて、曲がって行く傾向にある人が結構います。まずは、足から真っ直ぐに。

一番大変そうだったのは、座技の入身投げです。受けも取りも立技と同じ足運びですので、確認をしておいてください。座技だからと言って特別扱いしないようにしましょう。また、上体を真っ直ぐにし、顔を上げて動くことも今日のポイントです。日頃、カメラ目線と言っていることを大事にしていただきたいと思います。

最初と最後に座技呼吸法をいれましたが、最初と最後で違う感覚持っていただけていたら、嬉しいです。

また、審査が近いですが、直前での詰め込みにならないように日々の稽古で型を確認してください。今日の稽古でお見せした動きはほぼ型です。自分なりに型を崩さないように見取りをしたつもりです。

それから、ちょっと連絡です。幹事より審査についての連絡のあった方は必ず指導員への連絡をお願いします。何も連絡をしない状態で審査を受けることの無いようにお願いします。

船橋合気道道友会 稽古日誌 2012年5月20日 細井 

こんばんは。細井です。

今日は932年ぶりの金環日食でしたね。私も子供と一緒に小学校に行って見てきました。

さて、船橋合気道道友会の第1回目の稽古日誌を書かせていただくことになりました。

ご覧になる方には、これから船橋合気道道友会の日曜稽古ではどんなことをしているのか、雰囲気なども含めてお伝えしていけたらいいなと考えています。

未熟者でございますがどうぞよろしくお願いします。

昨日の参加者は7人でした。いつもより少し少ない人数ですが、いつも日曜稽古にはいらっしゃらない方が何人かいらしてました。

私は通常稽古に参加できないことが多いので、初めてまたはかなり久しぶりに一緒に稽古させていただいた方もいて、新鮮でした。

内容は、来月末に予定されているの審査に向けて、弐級、参級の課題となるような技を中心にと考えていましたが、昨日は受験予定の方はいませんでした。でも、考えてきた内容を急に変えるなんてできない、未熟な私ですので結局、考えてきた通り進めました。

審査では通常稽古でやっている技はほとんどでません。

したがって、受験者のみなさんは審査前にあわてて型をおぼえなければいけない、なんていうここともままあります。

私が指導員になる前から、他の指導員の方々がなるべく一夜漬けにならないようにするにはどうしたらいいかあれやこれやと考えてくださっていますが、なかなか機会や時間もないので苦労されているようです。

私自身、昨日はすべて久しぶりの技でしたので動いている最中に少し戸惑いを感じました。 ただ、昨日参加されいた白帯の方も言っていましたが、稽古量は多ければ多いほど審査の技の習得も楽になると思います。なので審査でカウントする出席日数はとても意味のあるものとなります。

みなさん、お忙しいとは思いますがなるべく稽古するようにしていただきたいと思います。

昨日の稽古内容:

準備体操 前受け身 後受け身 膝行

両手取り一教

両手取り天地投げ

両手取り入り身投げ

諸手取り一教

座技呼吸法

本当はあと2,3技やりたかったのですが、時間切れとなりました。苦手なんですが今後は時間にも気をつけようと思います。

また、Y母にご指摘をうけましたが、準備体操の順序をちゃんと覚えられるようになるのが今年の目標です!

今後ともよろしくお願いします。

稽古日誌はじめます。 

新サイト開設にともない、予定などの管理を幹事さん達が直接行える様になった事に合わせて、稽古日誌をはじめます。

指導員を中心としたメンバーで書き込みます。日曜日の指導員稽古の内容や稽古について、こんな事やるよ〜。といった予告など、情報発信をしていきます。皆さんのお役にたてれば、嬉しく思います。