第53回 全日本演武大会に参加しての感想 Vol.2 

~船橋合気道道友会 奈良岡さんの感想~

今回初めて参加しました奈良岡です。
<はじめに>
当日暑い中、早くから並んでくださった会員の方々、
リードしてくださった幹事の方々、お疲れ様でした。
そして、どうもありがとうございました。
<演武に参加して>
「礼をしっかりやりましょう」という
常野先生の言葉に気持ちを引き締め、先輩方からは
「大丈夫だよ」と声をかけていただき、1分半緊張
しながらも心強く演武することができました。
<演武を見て>
いろいろな道場の方々の演武を見て、合気道の
奥深さのようなものと気迫を感じました。
<最後に>
これからも、稽古を一つ一つ積み重ねて合気道と
向き合っていきたいと思いました。

第53回 全日本演武大会に参加しての感想 Vol.1 

~船橋合気道道友会 青木さんの感想~

私は船橋合気道道友会に平成27年3月の途中に入会し、
まだ2ヶ月位の経験氏がありませんが、この度第53回全日本
合気道演武大会に 参加させて頂きまして本当に素晴らしい
経験をさせていただきました。
私は小学校では歴史クラブで、中学校高校と陸上部(長距離)
で、専門的な 武道の経験は高校の柔道経験の2週間を除いて
全く無く、齢40歳を目前にして 合気道を始めたのも、
今年の1月2日の初夢で袴を穿いた某漫画の北○の拳のトキに
武道の手解きを受けた夢を見、youtubeでその時の夢で見た
動きの 武道を探しに探して「これだ!」と船橋合気道道友会
に入会をさせて頂き ましたのが切っ掛けです。
初夢の中でトキが「我が拳は自然と同一。どんな攻撃からも
受け流せ、結果として相手を活かす拳なのです」、
と言ってましたが、
正に遠藤師範が「水のように抵抗なく。どこにもどこからも
行けるように自然に」と仰っていましたので、
益々間違いはなかったと確信しています。
そしてそれは大正解でした。
最初は合気道とはどんなものなのかなと思って入会経験
させて頂きました が、今では清水師範、常野会長を始め
として有段者の皆様や会の方々の 教えを受け、
練習を重ねるたびに動きの一つ一つを少しずつ少しずつ理解
できつつあり、喜びを感じている自分がいます。

そのような中で、今回の第53回全日本演武大会に参加させて
頂きました事は何物にも代えがたい経験でした。
演武項目は正面打ち一教でしたが、入退場を含めて3分間の
演武という非常に短い時間で、緊張から普段の稽古で教えて
頂いた動きが何もできず、気づいたら太鼓が鳴って
あっという間に終わってしまいました。
まだまだ自分の精神的な未熟さと、如何に普段通りの平常心
を出せるかという事が試されているのだなと感じました。
演武の出演が終わってからは他団体の方々の演武を見て勉強
させて頂きました。特に後半最後の師範の方々とフィナーレ
の植芝守央道主の動きは非常に美しく、
「どうやったらあのような動きが出来るのだろう」
と思いました。
今の私には到底理解出来ない高みではありましたが、
「いつかあのような動きが出来るようになりたい!
その為にも稽古を頑張りたい!」と痛切に感じました。

あっという間の1日でしたが、非常に内容の濃い1日でした。
海外の方々の参加も多く、日本人として負けられないな、
と思いましたし、来年の第54回全日本合気道演武大会の時
には今の自分より一段高みに立てるように精進を重ねて
いきたいと強く思いながら日本武道館を後にしました。
今後も船橋合気道道友会で皆様のお力をお借りさせて
頂きながら頑張って参りたいと思います。

船橋合気道道友会 稽古日誌 5月31日 細井 

まだ5月だというのに、今年は暑いですね。
女子更衣室の窓は高いところにあってこの季節は朝日が入ると気持ちいいのですが、この日は朝からサンルーム状態でした。

ゆっくり推手から始めて、残りは先日参加した佐久の国際研修会での復習を兼ねて、相手のこぶしに手のひらをあててのさばきとそれに続く横面打ちの一教や自由技を行ってみました。遠藤師範はこの稽古をずいぶん前からされていますが(もちろんこれだけではありませんが)、やればやるほど発見があり楽しく感じることが多いこの頃です。
もちろん、それと共に自分の未熟さと合気道の深さも感じずにはいられませんが、それだからこそ稽古を続けていけます。月並みですが、終わりはありません。

この日はビジター1名を含めた12名で、ほぼ黒帯の方の参加でした。懐かしメンバーもいたので、最後にまた掛り稽古もしちゃいました。先日の合気道教室でたくさんの方が入会されたようなので、今後はその方たちが徐々に日曜稽古にも参加してくださるようになれば嬉しいです。

第3回合気道教室 5月10日 大居 

全3回の合気道教室も今回で最終回。今回も11名と多数の方に参加頂き、有難うございました。

合気道の雰囲気や世界観、楽しく身体を動かす事を主眼に、第2回に引き続き技を中心の合気道教室としました。受け身も大切ですが、単調な稽古になりがちなため、合気道教室全体でも受け身の時間は少なかった気がします。新たに入会を決めた方々には、怪我をしないように今後じっくりと受け身の指導もしていきたいと思っています。

さて、今回の合気道教室は、『後両手取を体験してみる』という内容で行いました。後両手取は、合気道の審査でも1級からであり、初心者向きではありません。しかし、型稽古から出来る事、出来ない事を学ぶという合気道の稽古方法を表していると考え、難しくてもチャレンジしてみました。後両手取一教の動きを5回に分けて、少しずつ進めていき、ちょっとした動きで背後の相手を自分の前に誘導し、抑え込む形が作れる事を体験して頂きました。難しい技ですが、教室に来て下さった方々は予想以上に身体を上手く使えており、その吸収力に私の方が驚かされました。

合気道教室は終わりですが、今回参加してもう少し体験したい方、今回の合気道教室には都合が合わず参加出来なかった方、興味があれば遠慮なく、通常の稽古に参加してみて下さい。お待ちしております。